デザインビジネス科/イラストデザインコース主任
伊藤 深志

東京の大手ゲームスクールでCG科の主任として、15年間ゲーム・映像・TV・アニメ・パチンコ開発業界に学生を送り込んできました。 「名選手名監督にあらず」という言葉があります。専門学校も有名ゲーム会社でクリエーターだった人が講師になるケースが多くありましたが、自分で作業することと、人に教え責任をもって就職まで導くことは違います。結局そういう人は実績が残せずにいなくなりました。私はゲーム・アニメ・CG業界に就職させた学生はのべ千人近いと思います。
イラストを仕事にするために、受け入れ先が最も多いのがゲーム業界です。東京一部上場企業にも多くのゲーム会社があります。
大卒でなくても就職できるところがほとんどです。ゲームはIT業界の牽引役で、ゲーム技術から他の産業に取り入れられていく技術がたくさんあり、今後もそうだと思います。今だとVR技術でしょうか。 だからゲーム産業は今後も成長していきます。
地方出身者の場合、将来地元に戻ることもあります。あるいは結婚相手の都合により、見知らぬ地方で生きていくこともありえます。こんなときに元いた会社とネットでやり取りして仕事にしていく人も多くいます。ゲーム制作の末端には個人のクリエーターが多数いて、彼らは別に東京在住とは限りません。納期さえ守れば地元で子育てをしながら仕事をしていくこともできます。企業の外注と皆さんを結び付ける専門サイトもありますが、やはり知っている人に仕事を任せた方が会社も安心なものです。
世の中に専門学校はたくさんありますが、そこで身につけた専門技術・資格は職場でしか生かせないものがほとんどです。
しかし皆さんは違うのです。
始めは皆初心者。
イラスト好きの皆さんの入学をお待ちしています!
 

岡学園の最新情報を
今すぐキャッチしよう!

各種SNSでも最新情報を配信中!
【岡学園トータルデザインアカデミー】で検索!!