学生の皆さん。保護者の皆さん。
卒業後の進路は決められましたか?

皆さんは今後の人生でたくさんの岐路に立たされることがあると思いますが、高校卒業後の進路は、人生の長い期間(就職・結婚・転職等々)において大切な要素を持っています。
​ここであらためてですが、高校を卒業後の大きな5つの進路についてご確認ください。
卒業後の進路先 全国平均 長野県
短大への進学 5.5% 9%
就職 17.8% 19%
専門学校への進学 16.3%   28%
大学への進学 49.3% 40%
その他 11.1% 4%
※参考資料 平成27年度文部科学省 学校調査
​      長野県専修学校各種学校連合会
皆さんは目標をもって進路を決定すると思うのですが、すべての進路先には特徴、メリット、デメリットが存在します。専門学校は、文字通り『専門』に特化した授業を構築し、スペシャリストの育成に励んでまいりました。専門学校の強みは『時代に即した、時代が求める』即戦力となる人材の輩出です。

どうやって専門学校を探したらいいの?

実社会で役立つ授業に取り組んでいる下記3つのポイントを押さえた専門学校を探してください。
 

① 職業実践専門課程の認定校

を選んでください。
1つ目の目安として文部科学省の認定である、職業実践専門課程認定校を選んでください。​これは国が推進しています職業大学構想に向け、専門学校が付与される大切な称号です。
 

② 産・官・学 連携をしている学校

を選んでください。
2つ目は産・官・学 連携といわれる学校が公の機関・一般企業との信頼関係の下で、完成ありきでない多くのプロジェクトに取り組み、結果を出しているかです。机上では得られない実社会との関わりは学生にとりまして社会に出て大きな自信になります。(実績数と内容の吟味を!)
 

③ 就活に強いノウハウのある学校

を選んでください。
3つ目は就職サポートです。業界のプロであった教師が授業をし、企業の採用担当を経験(毎年数百名の面接を行ってきた役員クラス)し、かつ近年の就活状況を熟知し、企業の求める人材像が分かった上で指導ができる先生がいる学校がベスト。

ここで、本校の具体例を一つ紹介します

その生徒さんは高校を卒業後、ファッションの道に進みたくて専門学校も視野にありましたが、親の勧めもあり長野でトップの公立短期大学に進学しました。そして卒業時に昔からあこがれのブランドのファッションアドバイザーになろうと就職活動を始めたのですが・・・結果はすべて不合格。どうしたらよいか悩んでいましたが、思い切って母親に、「どうしてもあの企業に就職したいから、専門に行かせて!」と頼みました。
 
2年後の彼女がどうなったかというと・・・

見事『全校で内定者トップ1号』に!!

当然それには理由があります。本人が勤勉で真面目な良い生徒であったこと。でもそれは短大時も同じですよね?

簡単です。就職担当の先生がその業界を、企業をよく知っており、『その企業はどんな人材を求めているか!』が分かっているので、研究課題レポートを書くにあたりテーマ設定から内容、面接準備まですべて一緒に戦ってあげたからです。もしかして戦略を間違えていれば、結果は短大と同じだったかもしれませんね・・・。

何も当校に限らず優秀な先生のいらっしゃる専門学校はたくさんあると思います。
ただし断然たる強みとしていえるのは、『一緒に頑張る、リアルマーケットの情報武装した教師』がいるということです。日々変化するマーケット、大企業が倒産する時代。でも刹那的にならずにできる限り本人の夢のサポートをする学校。それが70余年の歴史に立証された『岡学園トータルデザインアカデミー』です。

​大切な、大切な進路です。ゆっくりとしっかり考えてください。岡学園では生徒さんはもちろん、保護者様のご相談をいつでも受け付けております。一緒にお話しした後に学生本人にとってどこがベストな進路先なのかを一緒に考え、参考にしてください。
 

岡学園の最新情報を
今すぐキャッチしよう!

各種SNSでも最新情報を配信中!
【岡学園トータルデザインアカデミー】で検索!!