○○になるには?

デザイナーやイラストレーター、
ショップオーナーなど
なりたい職業を目指す方法を知ろう!

ファッション系職種

服をつくるための一連の技術と知識を身につけていなくてはなりません。

特に洋裁と型紙作成のための技術は、ファッションデザイナーとして仕事をこなす上でなくてはならない能力なので、専門学校で基礎的な技術を学び、就職を目指すのが一般的です。

資格

ファッションデザイナーに求められる代表的な資格として、
洋裁技術検定
パターンメーキング技術検定
ファッション色彩能力検定
カラーコーディネーター検定
などがあります。
プロのファッションデザイナーになるためには、何らかの資格を取得している人が多く、就職を希望するメーカーや事務所から特定の資格を求められるケースもあります。

ファッションデザイナーに求められる能力

「どんな服をつくるのか」をしっかり企画できることが大切です。
ファッションデザイナーというと個人のセンスやデザイン力に注目が集まりますが、実際はそれらと同じくらい企画力が重視されています。「何をテーマに、どんな素材を使って、どんなアイテムをつくるか」などを設定した企画がないと、服づくりはスタートできません。そのためデザイナーはシーズンごとに、「どんな服をつくるか」を企画することから始めます。

個々のセンスや手先の器用さ
デザイン力や独創性、発想力、感性など、「個人のセンス」と呼ばれる能力も、ファッションデザイナーには欠かせません。デザインの良し悪しが商品の売れ行きを大きく左右するので、デザイナーは日々研究や勉強を続け、ターゲットの心を掴む服をデザインしていきます。

現場を円滑に回すためのコミュニケーション能力
企画、デザインと合わせて、ファッションデザイナーは現場の調整を行うことがよくあります。パタンナーや製造工場では、基本的にデザイナーが作成したデザイン画や仕様書をもとに作業を進めますが、細かい調整は直接のやりとりで進めていきます。「何をどうしてほしい」という指示をしっかり出せるデザイナーほど、自分のイメージに近い服をつくることができるので、様々なスタッフと円滑にコミュニケーションを取る能力は必須です。

スタイリストアシスタントとして経験を積むことが必要です。

アシスタントになるためには、服飾系の専門学校を卒業し、スタイリスト事務所に応募して採用される方法が最も近道です。スタイリストになるために「専門学校卒業」が必須ではないものの、講師となるのは業界の第一線で活躍する人が多いため、業界のツテをつくることができます。洋裁、メイクなどのファッション全般のことを学べるため、現場デビューしてからも、より早い成長が期待できます。
 
また、スタイリスト事務所やフリーアシスタントの中には、アシスタントの採用条件として「服飾専門学校卒業あるいは在籍中であること」を必要条件としていることもあります。

ファッションアドバイザーになるために、特に決まったルートや必須資格はありません。

現場では、コーディネートセンスやファッションに関する知識、高い接客技術が求められるので、一流のファッションアドバイザーを目指すなら、専門学校や短期大学等で専門知識やコーディネート技術を学び、スキルを身に付けた上で就職活動に臨む方が、より確実です。
また、専門学校では、コーディネートや接客技術だけでなく、ヘアスタイリングやメイクアップ、ネイルアートや着付けなど、「プラスアルファ」の幅広い分野を学ぶことができ、資格取得や就職のバックアップもあるため、スキルアップや就職に関してもより近道だといえます。

カラーコーディネーターには色彩のほかにも、専門知識が求められます。

カラーに関する資格を取得するだけでなく、カラーコーディネーターとして活躍するには、ただ「色について知っている」というだけでは十分ではありません。カラーコーディネーターは、ファッションやインテリア、広告・デザイン等の業種のなかで、それぞれの仕事に関わっています。ファッションの分野で活躍したいのであれば、布地などの素材やデザインについての知識、建築やインテリアの分野を目指すのなら、建物の設計や建材、また内装材についての知識などさまざまな知識が求められるます。

人気職業ランキング上位のウエディングプランナーは実践力が必要

ウエディングプランナーには必須の資格がないので大学や短大からなどからも含め多くの希望者が集まります。その中でも専門学校で学ぶ学生は現場に即したカリキュラムを経験しているため、企業側からは即戦力として期待されています。また、業界全体を知る検定を取得することで後のステップアップも期待できます。
 

デザイン・イラスト系職種

広告代理店や広告制作会社に就職をすることが近道です。

デザインの基礎知識やグラフィック作成ソフトの使い方などを事前に学んでおくと、就職に有利です。
そのため、グラフィックデザイナーとして働いている人の多くは、芸術系の大学、短大や、デザイン系の学科がある専門学校を卒業しています。 

資格、免許

グラフィックデザイナーを目指す際に、取得しておくとスキルの証明になる検定
・アドビ認定エキスパート
・Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験
・DTPエキスパート認証試験
・DTP検定
・色彩検定

イラストレーターになるためには、必要な学歴や資格は特になく、決まったルートもありません。

活躍しているイラストレーターの多くは、美術系の大学や専門学校でデザインの基礎を学んでいます。
学校を卒業後、すぐに独立できる人は少なく、広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所、ゲーム会社などに就職するコースが一般的です。
ゲーム会社以外では、イラストレーターとして募集していることは少なく、まずはグラフィックデザイナーとして経験を積んでいくというパターンが多いです。在職中に人脈を拡げたり、賞を取るなどして実績を重ね、フリーとして独立する人も数多くいます。

出版社に就職or編集プロダクションに就職を目指します

1.出版社に就職する
大手の出版社の採用倍率は、非常に高いものとなります。出版業界に熱意を持った多くの学生が集まりますが、有名大学の採用者が多いというのが現状です。
何か得意な分野を持っていると採用されやすくなりますので専門知識や得意分野を増やしていきましょう。
2.編集プロダクションに就職する
編集プロダクションとは出版社の下請けで、おもに出版社から指定された本を作り上げる会社です。
ここで有利なのは、出版社に就職するときと同じように専門分野の知識を持っていることです。
例えば編集プロダクションが地方の特徴を紹介する雑誌を発行しているとします。
もし自分が学生生活でその地方について学び、しかも編集に関することを学んでいれば、編集プロダクションから貴重な人材として認めてもらうことができます。

地域プロデュース系職種

注目職種の商品企画職

どんな業界でも商品企画職は必要とされていますが、就くのが難しい職種でもあります。というのも、商品企画職はどの業界でも人気が高い職種である上、ヒット商品を生み出すには業界についての深い専門知識、市場ニーズへの理解、鋭い現場感覚を持っている必要があるためです。そのため、新卒で企業に入社し、まずは営業・販売・開発部門などで経験を積みます。そこで業界に対しての理解を深め、自分の強みや個性を打ち出せるようになってから、商品企画部門に配属される、というケースが多いようです。

最短で商品企画職に就くには?

商品企画職に就くには業界経験を積むことが重要ですが、新卒ですぐに商品企画の一線に携わる可能性がないわけではありません。例えば化粧品、日用品、食品などの中小メーカーでは、生え抜きの商品企画職を養成するため、商品企画部門に配属する人員の新卒採用を行うところもあります。学生のうちに商品企画(産官学コラボレーション)を経験する岡学園の生徒は即戦力として期待していただいています。

岡学園の最新情報を
今すぐキャッチしよう!

各種SNSでも最新情報を配信中!
【岡学園トータルデザインアカデミー】で検索!!